グローバルマネジメント学部

グローバルな視野を持ち、アントレプレナーシップ(起業家精神)を身につけて、 地域の資源や人材を活かして事業を展開できるビジネス・リーダーや、 社会や地域の課題解決に自ら挑戦する企(起)業家、 公共サービスを立案・実行する地域社会のリーダーとなる人材を育成します。

3つのコースについて

1年次に適性を見極め、2年次に3つのコースから自身の進むべき道を選択します。

POINT

海外で本場のビジネスを学ぶプログラム

海外プログラム

2年次の全学生が参加する短期研修プログラム「海外プログラム」。本学部では語学研修はもとより、現地でのフィールドワークを行い、専門分野の学びを深める研修を行います。地元の企業を訪問し事業内容に触れながら、課題などについてディスカッションを重ね、英語でプレゼンテーションを行います。

学部長からのメッセージ

グローバルな視野を持ち、組織を動かし、ビジョンを実現するリーダーを育てたい。

グローバルマネジメント学部長:森本 博行教授

グローバルマネジメントの根幹には経営学があります。一人では動かせない大きな岩(目標)を動かすためにどうすれば良いか。経営学は組織やそこにいる個人の行動の在り方を学ぶ学問です。そこに新たにもうひとつの視点、グローバルという視座を据えました。日本国内だけでは立ち行かなくなる企業活動を広い視野で考えるための方策です。ビジョンはまだ漠(ばく)としているけれども、ビジョンを作り、夢を叶えたいと願っている熱い皆様に来てほしい。あらゆる可能性に向け、自分が何になりたいか、見定め、ビジョンの実現のためにともに頑張りませんか。4年間の学びは厳しいかもしれませんが、きっと前向きに強く進んでいけると考えています。

科目紹介

中村 陽人准教授

マーケティング入門

企業が何かを売ろうとするとき、多くの意思決定をしなければなりません。例えば、どんな人をターゲットにするか、どんな商品を作るか、いくらで売るか、どこで売るか、どんな宣伝をするか、などです。このように何かを売る仕組みを考え、作り、実際に行うこと、それがマーケティングです。さらに、マーケティングの考え方は商品を売ることだけにとどまらず、日々の生活の中の多くの状況で応用可能です。本講義では、多くの事例を通して基礎的な知識を体系的に学びます。

首藤 聡一朗准教授

経営戦略論

経営戦略とは、企業が目標を達成するための計画・シナリオのことです。私が担当する「経営戦略論」の授業では、まず経営戦略に関する理論とコンセプトを学びます。そして、その理論とコンセプトを用いて、企業が実行した経営戦略について分析を行ってもらいます。主体的に分析を行っていくことで、理論とコンセプトに対する理解を深めると同時に、複雑な現実を理論とコンセプトを用いて整理する力を身につけていきます。

中村 文彦准教授

アカウンティング入門

我々は、普段、実に多くの企業によるビジネス活動のなかで生活を営んでいます。その企業のビジネス活動を、資金という視点からとらえて記録し、その顛末を、企業の利害関係者(ステークホルダー)に報告する一連の過程を対象とするのがアカウンティング(会計)です。具体的には、簿記の基本的記帳原理や会計学の諸領域の概要等、入門段階で習得すべき事柄を学び、その後の財務会計や管理会計の本格的学習の準備を行います。

アドミッション・ポリシー

(入学者受入方針)

グローバルマネジメント学科の教育目標に共鳴し、挑戦する強い意欲を持って学ぼうとする、次のような資質・能力を備えた者を求めています。

  • 経営学に関する確かな専門的知識を身に付けて、将来、ビジネス・リーダーとしての活躍、社会や地域の課題解決のための事業創造、課題解決のために活動するリーダーとなることを志す者
  • 英語集中プログラムと海外プログラムを通して、聴いて内容の主要な点を理解できるレベルの英語 力とグローバルな視野を身に付け、社会で活躍したい者
  • 寮生活を通して、豊かな人間性と高い倫理観を身に付け、協働して目標を達成することを志す者

カリキュラム・ポリシー

(教育課程編成方針)

グローバルマネジメント学科は、教育目標を実現するための同学科のディプロマ・ポリシーに掲げる資質・能力を身に付けることができるよう、総合教育科目において、聴いて内容の主要な点を理解できるレベルの英語力を育成する英語集中プログラムと幅広い教養を身に付ける科目によるカリキュラムを編成するとともに、専門教育科目において、専門教育の導入科目として位置付ける科目を必修科目として配置し、また、海外実地研修を配置した「学部共通専門基盤科目」、各コースにおける基盤となる科目を配置した「コース専門基盤科目」、専門的知識の幅を広げる科目を配置した「展開科目」によるカリキュラムを編成します。
なお、専門教育科目においては、同学科のディプロマ・ポリシーに掲げる資質・能力について、次の4つのカテゴリーを設定し、それぞれの力を体系的に学修するためのカリキュラム編成とします。
【カテゴリー①】人間性・社会人基礎力
多様な価値観と異文化への理解/交流するための知識と表現する力(発信力)/豊かな人間性と高い倫理観/自律性/協働する協調性/論理的な思考力/数学的な思考力
【カテゴリー②】事業経営力
リーダーシップ/現代社会の課題を発見する力/企業経営の諸問題を把握する力
【カテゴリー③】事業創造力
実現のための道筋を見極める能力/ビジネスするための知識と行動力/事業創造の知識と企画提案力
【カテゴリー④】公共経営力
地域社会の問題認識力/政策立案するための知識と企画力/地域社会のリーダーとしての行動力

ディプロマ・ポリシー

(学位授与方針)

グローバルマネジメント学科は、教育目標を実現するために設けた所定の専門教育科目と総合教育科目を履修することにより、次に掲げる資質・能力を身に付け、所定の単位を修得した者に学位を授与します。
【共通】
・グローバルな英知、多様な価値観や異文化を理解し、交流するための教養と発信する能力
・豊かな人間性と高い倫理観を持ち、自律的に目標を掲げ、協働して実現するためのリーダーシップと実現の道筋を論理的に見極める能力
・未来を切り拓き、グローバルにチャレンジできるための専門的知識とたくましく生きる能力
・グローバルな視点から、現代社会の多様な課題に対して論理的に思考する能力
【グローバル・ビジネスコース】
・企業経営の諸課題を的確に把握する専門知識を持ち、その課題解決のためにマネジメントする能力
【企(起)業家コース】
・社会や地域について問題意識を持ち、新たな事業機会を発見し、事業創造を企画する能力
【公共経営コース】
・地域社会の諸課題を的確に把握するための公共経営に関する専門的知識を持ち、その課題解決のため企画立案する能力