グローバルマネジメント学部

グローバルな視野を持ち、アントレプレナーシップ(起業家精神)を身につけて、 地域の資源や人材を活かして事業を展開できるビジネス・リーダーや、 社会や地域の課題解決に自ら挑戦する企(起)業家、 公共サービスを立案・実行する地域社会のリーダーとなる人材を育成します。

学部長からのメッセージ

未来を想定した教育のための、7つの能力。 世の中に攻めていく人材を育成する「経営学」。

グローバルマネジメント学部長  森本 博行教授

グローバルマネジメントの根幹には経営学があります。経営学は組織やそこにいる個人の行動のあり方を学ぶ学問で、そこにグローバルというベクトルを加えることで、日本国内ではいずれ立ち行かなくなる企業活動を広い視野で考える、新しい視座を提案します。本学部は単なる大学教育ではなく、能力開発を積極的に進め、■異文化理解力 ■論理的思考力■専門的知識力 ■問題発見力 ■組織課題認識力■起業企画力 ■地域課題認識力 の7つの能力を育て、海外ビジネスに羽ばたくグローバルな人材を養成しています。それは攻めの学びであり、「未来を想定した教育」。
様々な能力を養うことで、個々が描くビジョンを実現していくこと。4年間の切磋琢磨は厳しいかもしれませんが、未来を切り拓く力をきっと手にしてもらえると思います。

3つのコース

1年次に適性を見極め、2年次に3つのコースから自身の進むべき道を選択します。

科目紹介

経営組織論

私たちの生活と切り離すことができない「組織」。実は、経営学の対象も、企業をはじめとする「組織」なのです。この講義では、組織の概要や組織と社会との関係性、組織の発展などの基礎的な知識を学び、経営学の基本を理解します。

経営戦略論

経営戦略とは、企業が目的を達成するための計画・シナリオのことです。講義では、理論を学んだ後、実在する企業の経営戦略について学生自身が考えます。そのプロセスで、理論を用いて現実を整理する力が養われます。

経営分析

あなたがある会社の社長だとして、会社の全体像をつかむためにはどうしたらいいでしょうか。そんなときのマネジメントの強力なツールが会計です。この講義では会計を分析することによって、いろいろな企業のことを学んでいきます。

地域イノベーション論

グローバル化とIT革命の進展を背景に、国家間というより、地域・都市間競争がますます重要な意味をもつ時代です。この講義では、地域に内在されている諸資源を発掘し創造的に活用する仕組みづくりについて、イノベーションの観点から講義します。

地方自治論

分権時代において、自治体がいかにして地域課題を解決していくのか。地方自治の基本的な仕組みに加えて、政府間関係や住民参加・協働について学び、住民による自治の実現に向けた課題と今後の方向性を展望します。

ゼミナール紹介

海外での仕事を志向する人にオススメなゼミ。【森本ゼミ】

グローバル・ビジネスコース 2年 向川 泰生さん

異文化理解のために何が必要か。

マッキャンエリクソン博報堂(現・マッキャンエリクソン)やソニーのイノベーション戦略Vice Presidentで働かれていた豊富な実績をもつ森本先生の、実際の経験をリアルに伺うことができます。またジャンルを問わず、これからの人生で役立つ内容の論文をテキストに、楽しくグローバルな知識を身につけられるのが、森本ゼミの魅力です。特に「異文化理解」をテーマとしており、もともと国際的な興味があり、将来は外国に行って仕事をしたいと考えている私には最適のゼミでした。異国の文化を理解することの重要性、その国の人たちの考え方を尊重し、わかりあうことの大切さ。実体験に基づくお話に多くの示唆をいただきました。

株式会社、緊急・資本市場の仕組みを基礎から【金ゼミ】

グローバル・ビジネスコース 2年 横山 香奈さん

企業や組織の成り立ちを理解するために。

私は現在、金先生のゼミで株式会社や金融・資本市場の仕組みを基礎から学んでいます。たとえば、グループごとに一つの新しい株式会社を作り、資本金などについてゲーム感覚で学んでいます。今まで、ニュースや情報番組などを見ているとき、あるいはアルバイトで領収書を切るときに「株式会社」とは何なのだろうと思っていました。「上場」という言葉さえ知らなかったので、この1年間で基本的な企業や組織の成り立ちに関して理解を深めることができました。また、金先生と話すことで、自分が接客やサービス業に興味をもち始めていることに気づきました。金先生は、一人ひとりにズバッとアドバイスを投げかけてくださるので、ハッとさせられることも多く、将来就きたい職種にも思いを馳せ、特にCA(キャビンアテンダント)という職業に興味をもち始めたのも、先生のアドバイスのおかげです。

ゼミナール一覧

No.教員テーマNo.教員テーマ
1 東 俊之 組織論の視点で経営活動を分析する 11 中村 陽人 消費者の心理を科学する
2 臼井 則生 ミクロ経済学の基礎 12 中村 稔彦 財政学演習(少子高齢化社会における財政運営のあり方)
3 大室 悦賀 持続的な社会の構築とソーシャル・イノベーション 13 中村 文彦 企業分析を学ぶ
4 衣川 修平 会計・地域経済 14 野口 暢子 自治体に関する制度と公共政策の各国比較研究
5 金 賢仙 金融・資本市場法の入門 15 真野 毅 経営現場の体験ゼミ(グローバル経営人材の基礎講座)
6 首藤 聡一朗 経営戦略の理論と実際 16 三浦 正士 地方自治論
7 田村 秀 地域を元気に!(よく学び、よく遊べ!) 17 宮﨑 紀枝 健康を支えるシステムの創生
8 中条 潮 公共性のビジネスエコノミックス 18 宮下 清 国際地域経営を学ぶ
9 築山 秀夫 社会学理論とフィールドワークによる地域社会研究 19 森本 博行 異文化マネジメントの理論と実践
10 永田 邦和 ファイナンス・金融論:金融は社会の役に立つか? 20 尹 大栄 地域・地場産業がおもしろい! / アジアの日系企業、どうする?

特色ある取組み

3つのポリシー