グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  学部・学科 >  健康発達学部 >  食健康学科

食健康学科


管理栄養士の仕事は、Science & Artであると言われます。確かな知識と技術を基盤に管理栄養士が様々な分野で必要とされる栄養マネジメントについて総合的に学修します。
系統的・段階的な学びを、実践に活かすための演習や実習にも力を入れ、基礎と実践の融合を図っています。

学科長からのメッセージ

海外に関心のある方にもぜひ参加してほしい新しい学びです。

食健康学科長 中澤 弥子 教授

食健康学科では、様々なライフステージの人々の栄養や食生活について理解を深め、食を通じた健康のプロフェッショナルをめざします。そして英語力を高めながら、健康長寿を支える長野県や日本の食文化の多様性を世界へ向けて発信していきます。また、「管理栄養士」がどのような活躍をしているのかを知り、人々のQOL(生活の質)を高め、社会に貢献するために、多彩なフィールドワークを行います。

学生インタビュー

それぞれの対象者に向けた言葉の大切さにも気づきました。
食健康学科 3年 那須野 清夏さん

基礎をまず覚えることの多い1年次から比べると、より専門的な学びが深まり、食健康に関する面白さが増してきました。中でも「食事摂取基準」の授業は、食事を提供するときに必要な栄養の科学的根拠を学べるなど、よりリアルで専門的な学びなのが魅力です。例題として、様々な条件の人が食事の相談に訪れたケースを設定し、栄養管理のアドバイスを行うものです。人と向かい合い意見を述べる訓練を重ねることで、以前より対象者に対する言葉の使い方に気を配るようになりました。わかりやすく、具体的な根拠を明示することを心がけています。

食健康学科での学び