グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  学部・学科 >  グローバルマネジメント学部

グローバルマネジメント学部



3つのコース

グローバルマネジメント学科

1年次に適性を見極め、2年次に3つのコースから自身の進むべき道を選択します。

企業組織をPDCAサイクルで運営できる人材を育成
経営学や経済学、会計学、法学などの企業経営に関する知識を修得し、現代のビジネスには不可欠な「グローバルな視野」で組織を動かし物事を変えていくマネジメント力や実践力を養成します。
<めざす進路>
製造業(建設・電気・精密・医薬・食品等)、サービス業(卸売・小売・飲食・宿泊等)、運輸、電力、情報通信、金融機関(銀行・証券・保険)、など

自らが起業し、または事業を引き継ぐ人材を育成
起業、事業承継、第二創業などに関する知識を修得し、広い視野と柔軟な発想により、社会や地域の課題を解決するための新たな事業を立ち上げる構想力や実践力、起業家マインドを養成します。
<めざす進路>
起業・創業(株式会社やNPO法人等の立ち上げ)、事業承継、第二創業、コンサルティング企業、民間企業における新規事業の立ち上げ、など

行政や公共的団体で地域経営に携わる人材を育成
行政組織や地方自治体制度などの公共経営に関する知識を修得し、地域課題を解決するための企画立案力や実践力を要請します。卒業後は行政機関や公共的団体、NPO法人への進路を想定します。
<めざす進路>
行政機関、公共的団体、NPO法人、など

学部長メッセージ


未来を想定した教育のための、7つの能力。
世の中に攻めていく人材を育成する「経営学」。
グローバルマネジメント学部長  森本 博行教授

グローバルマネジメントの根幹には経営学があります。経営学は組織やそこにいる個人の行動のあり方を学ぶ学問で、そこにグローバルというベクトルを加えることで、日本国内ではいずれ立ち行かなくなる企業活動を広い視野で考える、新しい視座を提案します。本学部は単なる大学教育ではなく、能力開発を積極的に進め、■異文化理解力 ■論理的思考力■専門的知識力 ■問題発見力 ■組織課題認識力■起業企画力 ■地域課題認識力 の7つの能力を育て、海外ビジネスに羽ばたくグローバルな人材を養成しています。それは攻めの学びであり、「未来を想定した教育」。
様々な能力を養うことで、個々が描くビジョンを実現していくこと。4年間の切磋琢磨は厳しいかもしれませんが、未来を切り拓く力をきっと手にしてもらえると思います。

学びの特色

経営学にグローバルな視点を加え、まったく新しい授業を展開しています。1年次に適正を見極め、2年次に3つのコースから進む道を選択します。専門分野の教員を多数配し、数ある日本の国公立大学でも稀有な学びを提供しています。