グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  学部・学科 >  健康発達学部 >  こども学科

こども学科


こどもが育つ環境をトータルに考え、生涯にわたってより良い保育を創造できる保育者に育つ土台となる力を育てます。そのために、乳幼児期にふさわしい生活と保育のあり方、自然や文化などの地域環境、特別な配慮を必要とするこどもへの支援、それを実現する保育経営などについて保育を専門とする15名の教員と学びます。

学科長からのメッセージ

社会の変化に応じて、変わりつつある保育をチームで学ぼう。

こども学科長 太田 光洋 教授

自分たちで考え、主体的に動くことを大切にしたいと思います。こどもに向き合うのにふさわしい環境づくりから学生たちといっしょに始めています。転換期にある保育や子育ては、新しく学ぶことや身につけることが数多くあります。周囲の人々をも巻き込める「包容力のある集団」を形成し、チームとして主体的に考え、自分たちで創造していく学びをサポートしていきます。

学生インタビュー

自分のもっとも関心のあることに集中できる大学の楽しさ。
こども学科 3年 小川 栞さん

今思えば、高校時代は選択肢が少なく、息苦しかったように感じます。県立大へ来て自分の関 心あるものが多く、様々なことに興味が湧きます。働く女性の力になりたいと幼児教育を選び、現在は児童福祉への関心が高まり、特に将来は乳児院で働きたいと考えています。フィールドワークでは、こども園や保育園での実習を体験しましたが、やはり私は子どもと大人の愛着関係がもっとも必要な乳児院を希望します。責任は重いですが、信頼できる大人と人間関係を結ぶことで、子どもの育ちの基礎を育むことができるからです。

こども学科での学び