寮生活について

学生同士、そして地域のみなさんと学び、助けあい、人間力を養う象山寮は、
もうひとつの学び舎(まなびや)です。

長野県立大学では、大学生活の中で初年次教育を非常に重要と考えています。
後町キャンパス象山寮は、長野県立大学の1年生が暮らし、学びあい、助けあい、コミュニケーション力や主体性、 社会性を養う学生寮です。寮では、学生同士の交流はもちろん、地域の祭りや催事にも積極的に参加していきます。
長野市街地の中心部に位置する寮には、かつて地域に見守られた後町小学校があり、校庭だった広場には、こどもたちが愛した機関車D-51が今も新しい時を刻み続けています。
象山寮は三輪キャンパスでの学びのほか、生活空間でありながら、キャンパスライフに寄り添い、人間力を養うもうひとつの学び舎です。

1期生に聞く寮生活の様子

グローバルマネジメント学科 1年 シェピナ エリザヴェータさん

部屋のこだわりはモノを少なく 美しさを保つことです。

寮生活はみんなでアイデアを共有できる楽しさがあります。話したくなると、ラーニング・ハブへ行って、みんなとおしゃべりします。長野県立大学はほかの大学と違い、将来に向けた様々な取組みや授業プログラムがたくさんあり、ここでじっくり将来のことを語り合いたいです。

1週間の時間割(1年次1学期)

こども学科 1年 岡沢 優花さん

入学前に入寮するため、すでに入学式には 友だちができています。

寮生活では共同生活を通して様々なタイプの友だちとコミュニケーションがとれます。入学前には寮で、すでに友だちができるので、安心して楽しい大学生活が始められました。寮生活ってどうなの?と思っていましたが、自分と違うタイプの人とも助け合い、協力し合って毎日が充実しています。

1週間の時間割(1年次1学期)

グローバルマネジメント学科 1年 大形 匠さん

ユニットごとにルールを決め 協力して生活しています。

海外と関わる仕事に就きたいと思い、入学しました。寮生活は楽しみでもあり、不安でもありました。でも自然と仲間たちと交流できる構造になっていて、友だちづくりもスムーズでした。自分たちのユニット内で独自のルールを決めて、協力しながら生活することはとても有意義で、楽しいです。

1週間の時間割(1年次1学期)

食健康学科 1年 金子 静さん

全国各地から来た仲間たちと出会い、 世界が広がる喜びがあります。

長野県以外の地域の特徴や方言などを知り、自分の世界が広がっていくことがとても面白いです。私たちの部屋は、落ち着いたトーンでまとまっていて良い雰囲気です。共同生活で気をつけているのは、まず掃除。毎週欠かさず行っています。

1週間の時間割(1年次1学期)

寮について