グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  ソーシャル・イノベーション研究科(専門職) >  モデル時間割例と集中講義の例

モデル時間割例と集中講義の例


時間割例(2022年度の場合)

1年次1学期

土(隔週対面)
1時限
2時限 公共経営
3時限 ロジカルシンキング
4時限
5時限 象山塾
6時限 公共経済学 マーケティング
7時限 ソーシャル・
イノベーション
哲学思考Ⅱ(哲学史) 財務会計Ⅰ

1年次2学期

土(隔週対面)
1時限
2時限 ケーススタディーⅠ
3時限 哲学思考Ⅰ(探究)
4時限 サステイナブル事業構想演習
5時限 象山塾
6時限 ファミリーアントレプレナーシップ 経営組織論 健康マネジメント特論
7時限
※1コマは100分です。
※平日夜間の講義はオンラインです。
※6時限開始時刻は、18:50です。
※金曜日は科目の開講がありません。
※土曜日1時限目(8:50開始)は、原則として科目の開講がありません。
※土曜日講義は、各学期初回対面開催、2週目オンラインの隔週対面開催です。

集中講義の例

身体性思考

8月&3月
土~日曜日
  • 1日目(土) 2コマ連続
  • 2日目(日) 2コマ連続
  • 3日目(土) 3コマ連続(春休み)

共創型プロジェクト・デザイン

8月
土~日曜日
  • 1日目(土) 3コマ連続
  • 2日目(日) 4コマ連続

スタディーツアーⅠ(国内)

9月
日~火曜日
  • 1日目 現地集合、市街地まちあるき
  • 2日目 市役所各部署など訪問、ヒアリング
  • 3日目 振興局等訪問、拠点視察、周辺地区訪問(現地解散)