キャンパス

1年次の生活のベースとなる「後町キャンパス象山寮」。
仲間と、地域のみなさんと学び、助けあい、人間力を養う象山寮はもうひとつの学舎(まなびや)です!

後町キャンパス

象山寮

1年次の生活のベースとなる「後町キャンパス象山寮」。三輪キャンパスまで2.2kmの距離にある後町キャンパスには、地域連携施設を併設。またここでは授業では得られない仲間との共同生活や留学生、地域の住民の方々との新しい出会いが待っています。

入寮資格 1年生、上級生、留学生
在寮期間 1年間(原則)
定員 320人(全1年生240人、上級生、留学生)
費用 寮費 12,500円/月 共益費 7,500円程度/月
食事

食事の提供はありません
各ユニットのダイニングキッチンで自炊ができます。
※朝食はケータリング方式で提供しています。(有料・1ヶ月ごと・事前予約制)

サポート体制

安心・安全な寮生活を送るため、大学でも寮生をサポートする体制を整えています。学生サポートセンターの専門スタッフが、寮生と一緒にイベントの企画・運営のアドバイスをし、困ったときの相談窓口にもなります。また、常駐している臨床心理士や保健師が、寮生を心身ともに支えていきます。

寮生支援プログラム

交流プログラム

オリエンテーションやウエルカムパーティー、寮祭、サマースクール など

自主プログラム

ソーシャル・イノベーション創出センターなどと連携し、地域活動への参加や自主企画 など

学修プログラム

象山未来塾
多彩なゲストと寮生が語り合い、自身の生き方を考える塾

イングリッシュ・カフェ
英語を実践するための集いの場。海外プログラムへのステップにします

サービスラーニング
社会貢献活動を通し市民性を育み、地域の課題を考える

学修ピアサポート
将来的には、上級生が1年生を学修面でサポートするシステムを導入

3つの生活の場

ルーム

2人のコミュニティ(男女別)

2人1部屋の生活空間。可動式の間仕切りでプライベートを確保しつつ、お互いの生活のリズムを共有し、他者への思いやりを養います。

ユニット

16人のコミュニティ(男女別)

8ルーム、16人のゆるやかな共生のための空間。リビングラウンジで仲間と学習したり、歓談したり。ダイニングキッチンでは自炊もできます。シャワールーム、トイレ、洗面ドレッサー、洗濯機・乾燥機(コインランドリー方式)を完備。

ラーニング・ハブ

学びのコミュニティ

ユニット以外の寮生との交流の場、学習の場。個別やグループでの学習など、自主的な学びを通して確かな学習習慣を身につけます。

キャンパスには、省CO2・自然エネルギー活用技術が導入されています。
※国土交通省所管の「サステナブル建築物等先導事業」の採択を受けました。
(画像をクリックすると、拡大画像が別ウィンドウで開きます)

gocho_co2.png