グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  重要なお知らせ >  「長野県立大学 大学院」の設置認可について

「長野県立大学 大学院」の設置認可について



本学は、令和4年4月の開設に向けて「長野県立大学大学院」の設置準備を進めてまいりましたが、令和3年8月27日付で、文部科学省の大学設置・学校法人審議会が大学院設置を認める旨を文部科学大臣に答申されました。
(詳細は文部科学省ホームページをご確認ください。)
また、答申を受け、令和3年8月27日付で文部科学大臣による認可が下りましたのでお知らせいたします。

なお、学生募集要項の配付は9月中旬を予定していますので、配付日程等につきましては、改めて本学ホームページでお知らせいたします。

長野県立大学大学院の概要

長野県立大学大学院の概要

各研究科の概要

研究科名 ソーシャル・イノベーション研究科
(専門職大学院)
健康栄養科学研究科
専攻 ソーシャル・イノベーション専攻 健康栄養科学専攻
課程 専門職学位課程 修士課程
学位の種類 経営学修士(専門職) 修士(健康栄養科学)
修業年限 2年 2年
修了要件単位数 40単位 30単位
入学定員 10人 5人

学長メッセージ

世界は今、未来予測が困難な時代に突入しています。
地球規模の急激な社会変化と膨大な情報の洪水の中で、世界の潮流を冷静に見極め、地域課題の解決に真摯に取り組み、持続可能な社会を構築していく、より高度な専門性と倫理観を備えたリーダーが求められています。
長野県立大学は、念願だった大学院の新設を、2022年4月に実現いたします。2つの研究科は、それぞれ「ソーシャル・イノベーション研究科」と「健康栄養科学研究科」です。

金田一真澄学長

学長 金田一 真澄

「ソーシャル・イノベーション研究科」は、実践的な学びを重視する専門職大学院であり、年齢・性別を問わず、生涯にわたって学習する機会を提供するものです。スキルアップや知識のアップデートを目指す社会人が主な対象で、イノベーターの養成を主眼とします。イノベーターとは、実践力、コミュニケーション力、アントレプレナーシップの資質を備えた発想力の豊かな人を指します。
日本では学び直しの重要性があまり認識されていませんが、これからは企業も、メンバーシップ型ではなく、ジョブ型の仕事が主流になると言われ、リカレント教育が必須の時代となります。
企業・行政・大学など、多様な出身の院生たちが集い、連携してネットワークを構築し、イノベーション創出力を発揮して、長野県の発展に寄与してくれることを期待しています。
「健康栄養科学研究科」は、健康・栄養・食の分野に興味を持つ人々を対象とした大学院で、社会人の学びにも対応しています。栄養学を、人の健康という視点から、基礎から応用までを学び、高い倫理観を持って広く社会の様々な分野で活躍できるリーダーとなる人を養成します。
本研究科は、保健・医療・福祉・介護などと関連する多要因の解析から、長野県の健康・栄養の状況分析を行い、健康政策につなげる科学的根拠づくりを行います。また、食の面から地域産業と連携した研究も進めます。特に長野県の特色である「健康長寿」やSDGsに関わる活動においては、調査研究・政策提言を積極的に行い、県民の健康で豊かなライフスタイルを研究と実践の両面から支える、健康知のシンクタンクとなる研究科を目指します。
 どうか、ご期待ください。