健康発達学部の科目「健康発達実習」で田植えを実施しました。

2019.06.24 Mon
ニュース
ニュース

6月8日(土)、健康発達学部の学生70名が長野市大岡にある農楽里ファームにて田植えを実施しました。
「健康発達実習」の授業の一環で、長野県の食文化を切り口に、自然環境やそこで築かれてきた生活様式および文化について、主に農業体験を通して学んでいくことを目的としています。
田植えも昔ながらの方法として手植えで行い、昔の道具を使いながら作物を大切に育て、秋には収穫からお米の販売まで行います。
当日は、小雨の中、泥にまみれながらも手作業で苗を植えました。また、普段の生活ではなかなか体験することのない作業をグループで取り組むことにより、学生同士の意識も高まり、農業体験の重要性を理解することにつながりました。

大豆播種の様子
田植えの様子
田植えの様子
田植えの様子
大豆播種に使う種
大豆播種の様子
田植えの様子
農業体験@農楽里ファーム
農業体験@農楽里ファーム
農業体験@農楽里ファーム
農業体験@農楽里ファーム
農業体験@農楽里ファーム