「国宝松本城と鷹狩り」に金田一真澄学長が参加し、二本松泰子准教授が講演を行いました

2018.11.19 Mon
ニュース
ニュース

11月18日(日)松本城本丸庭園で開催された「国宝松本城と鷹狩り」(松本市・松本市教育委員会主催)に、金田一真澄学長が参加し、諏訪流放鷹術保存会の指導を受けて、大勢のギャラリーが見守る中、古式放鷹術の実演を行いました。
また、鷹狩りの文化と歴史を学ぶ講演会では、本学グローバルマネジメント学部の二本松泰子准教授が「松本藩の鷹匠と鷹書ー水野家と戸田家の時代」と題して講演を行いました。

古式放鷹術の実演を行う金田一真澄学長
鷹狩りの文化と歴史について講演する二本松泰子准教授