「池上彰のそうだったのか!信濃の国」の収録が本学で行われました

2018.11.30 Fri
ニュース
ニュース

 先日、abn長野朝日放送の特別番組「池上彰のそうだったのか!信濃の国」の収録が、本学の学生も参加して、三輪キャンパスラーニングホールで行われました。

 県歌「信濃の国」が制定されて、今年で50周年になりますが、世代を超え、ほとんどの県民が歌えるという県歌誕生秘話と普及の秘話に触れつつ、歌詞に選ばれた場所や人物、文化、時代背景を通して、「長野県とは」を考える番組となっています。

 出演者は、池上彰さん(ジャーナリスト・松本市出身)、林マヤさん(タレント・上田市出身)、小椋ケンイチさん(ヘアメイクアップアーティスト・飯田市出身)、新田恵海さん(声優・長野市出身)、萩原早紀子abnアナウンサー、長野県立大学の学生です。

 なお、放送は、12月30日(日)12:00~13:30(abn長野朝日放送)の予定です。
 詳細は、abn長野朝日放送ホームページ(外部リンク)をご覧ください。
 是非ご覧ください!