ソーシャル・イノベーション創出センター

産学官連携や地域との連携、公開講座の開催などにより、地域社会への貢献も

センターについて

日本中から集うイノベーター、プロフェッショナルと、学生、教員や企業、行政機関等を相互に結びつけ、社会的課題を解決するための新しい商品やサービス、新しい仕組みの開発を目指します。その様相は学生にとっての確かなロールモデルとなり広い視野を持ったイノベーティブな人材育成を実現します。

主な業務内容

  • 企業、団体、起業家等への支援
    企業等との共同研究、イノベーション創出支援、起業支援など
  • 地域との連携
    地域連携事業の実施、地域が抱える課題解決の支援など
  • 他大学との連携
    他大学からの相談窓口、大学コンソーシアムなど
  • 公開講座の開催
    〈テーマ〉企業経営、起業、食と健康、子育てなど

センター長からのメッセージ

自分らしく生きることを、なによりも大切に。

ソーシャル・イノベーション創出センター
センター長:大室 悦賀 教授

ソーシャル・イノベーションとは「社会をより良い方向に進展させるための、ビジネスを使った新しい革新」のことを言います。このセンターは長野を、日本を、そして世界をより良い方向に導くためのイノベーションを生む拠点、良い循環・プロセスを作り出す基盤としたいと考えています。教員はもちろん、地域の企業、行政機関が連携し、日本中のプロフェッショナルを長野に集め、従来型でない教育を進めることで、地域への貢献を実現します。ロールモデルとの出会いは学生の自主性を刺激し、自分自身を見つめ直す好機にもなるでしょう。社会的な課題を解決するための、新しい革新を生むことに関心のある人にはぜひ参加してほしいと願っています。