健康管理・保険・カウンセリング制度

健康管理・カウンセリング制度

学生サポートセンター(健康管理室)にて、行っています。

  • 応急処置
  • 健康診断に関すること
  • カウンセリング・心身の健康に関する相談
  • 学生相談に関すること(悩み・不安・各種相談)
  • 障がいについての修学及び学生生活支援に関すること

場所 三輪キャンパス
開室時間 平日8:30~17:15

  • 土曜日・日曜日・祝日・年末年始は休業となります。
  • 時間が異なる場合もありますので、詳細はセンターへお尋ねください。

学生保険

本学の学生は、学修や課外活動における事故等に備えて、全国の大学の要請と協力の下、文部科学省の指導により設立された(公財)日本国際教育支援協会の「学生教育研究災害傷害保険」及び「学研災付帯賠償責任保険」に入学時に全員加入します。(4年間分の保険料4,680円:学生教育研究災害傷害保険、学研災付帯賠償責任保険。食健康学科は4,730円 2018年度)

ケガをしてしまった、他人にケガをさせた、他人の財物を損壊した場合は、学生サポートセンターへ相談してください。

学生教育研究災害傷害保険(学研災)とは

  • 学生教育研究災害傷害保険(学研災)とは、教育研究活動中に生じた急激かつ偶然な外来の事故によって身体に被る傷害に対して保険金が支払われます。
  • 本学で加入するものは普通保険と通学中等傷害危険担保特約の2つです。

補償の対象となる事故の範囲

  • 正課中
    講義、実験、実習、演習又は実技による授業を受けている間。
  • 学校行事中
    大学の主催する入学式、オリエンテーション、卒業式など教育活動の一環として各種学校行事に参加している間。
  • キャンパス内にいる間
    大学が教育活動のために所有、使用又は管理している学校施設内にいる間。ただし寄宿舎にいる間、大学が禁じた時間もしくは場所にいる間又は大学が禁じた行為を行っている間を除きます。
  • 課外活動中
    大学の規則にのっとった所定の手続きにより、大学の認めた学内学生団体の管理下で行う文化活動又は体育活動を行っている間。ただし、危険なスポーツを行っている間、大学が禁じた時間もしくは場所にいる間又は大学が禁じた行為を行っている間を除きます。
  • 通学中
    大学の授業等、学校行事又は課外活動への参加の目的をもって、合理的な経路及び方法により、住居と学校施設等の間を往復する間。
  • 学校施設等相互間の移動中
    大学の授業等、学校行事又は課外活動への参加の目的をもって、合理的な経路及び方法により、大学が教育活動のために所有、使用又は管理している施設の他管理している施設の他、授業等、学校行事又は課外活の行われる場所の相互間を移動している間。

学研災付帯賠償責任保険(学研賠)とは

学研災付帯賠償責任保険(学研賠)とは、学生が正課、学校行事、課外活動又はその往復により、他人にケガをさせたり、他人の財物を損壊したこと等により、法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害について保険金が支払われます。

※より手厚い保証を希望する場合は、下記の保険に加入することをおすすめします。 詳細は学生サポートセンターへお問い合わせください。

  • 学研災付帯学生生活総合保険((公財)日本国際教育支援協会の保険)
  • 学生総合共済(大学生協の保険)