杉山 英子

プロフィール

杉山 英子
氏名
杉山 英子
ふりがな
すぎやま えいこ
職位
教授
専門・研究分野
食生活学、食品科学、構造生物学
担当授業科目
生命科学、生化学、生化学実験など

学生へのメッセージ

 食をめぐる課題は多様化しています。食は生命維持に欠かせない営みですが、食物も情報も溢れる現代社会では、バランスよく食べることがむしろ難しくなってきています。そうした課題に対応できる食の専門家を、健康長寿の長野からたくさん輩出したいと思います。対応力の基盤となるのは、ヒトの心身への深い理解です。人体には、生き延びるためのセーフティーネットが幾重にも張り巡らされています。少々難しくても、一緒にロマンを感じながら学んでいきましょう。

経歴

学歴

お茶の水女子大学家政学部食物学科卒業、お茶の水女子大学大学院家政学研究科食物学専攻修了、信州大学大学院医学研究科生理系専攻修了。博士(医学)。

職歴

信州大学医学部助手、アメリカ合衆国チューレン医科大学生化学部門ポストドクトラルフェロー、信州大学医学部附属加齢適応研究センター講師、長野県短期大学講師、准教授、教授。

社会活動歴等

長野県短期大学県民カルチャー自主講座講師 、長野県短期大学開放講座講師、ながのシニアライフアカデミー講師、日本摂食障害協会参与、日本脂質生化学会幹事、キッズサイエンス実行委員会委員、信州公衆衛生学会査読委員等。

委員歴等

長野市保健所運営協議会委員、公益財団法人大学基準協会 短期大学評価委員会短期大学評価分科会委員、長野県長野東高等学校学校評議員、長野市立図書館基本計画策定委員会副委員長、県立大学設立委員会入学者選抜専門部会委員等。

研究業績

著書・論文

『健康を科学する』(ほおずき書籍、平成11年)、『日本臨床増刊 高脂血症(上) 59 suppl 2』(株式会社日本臨床社、平成13年)ほか多数。

論文としては、『Effect of an inhibitor of glucosylceramide synthase on glycosphingolipid synthesis and neurite outgrowth in murine neuroblastoma cell lines. 』(1991年)、『Eicosapentaenoic acid lowers plasma and liver cholesterol levels in the presence of peroxisome proliferators-activated receptor alpha. 』(2008年)『長野県の小・中・高等学校の養護教諭へのアンケートによる中枢性摂食異常症(摂食障害)の実態把握のための調査研究 』(平成27年)ほか多数。