中山 智哉

プロフィール

中山 智哉
氏名
中山 智哉
ふりがな
なかやま ともや
職位
准教授
専門・研究分野
臨床心理学、児童福祉学、保育学
担当授業科目
保育臨床相談、児童家庭福祉、保育者支援論など

学生へのメッセージ

 今日の保育者は、子ども理解力、保育実践力はもちろん、保護者との連携、相談支援など、家庭や地域社会の子育てを支援する専門家としての役割が期待されています。しかし一方で、こうした保護者や家庭への支援は、その内容が複雑かつ多様化しており、支援が難しいケースも増えています。私は主として、こうした困難な課題に同僚や他の専門職と協働し、保護者・地域への支援力を持った保育者を育成したいと考えています。長野県の子育ち・子育てを支える高い専門性を備えた保育者を目指し、一緒に学んでいきましょう。

経歴

学歴

札幌学院大学大学院臨床心理研究科修了
臨床心理学修士

職歴

九州女子短期大学、九州女子大学を経て現職

社会活動歴等

北九州市スクールカウンセラー
福岡県私立幼稚園連盟教師研修大会 分科会助言者
長野県私立幼稚園・認定こども園協会主催 キャリアアップ研修講師ほか

委員歴等

福岡県中間市子ども・子育て会議 会長
福岡県行橋市 「次世代育成支援行動計画」策定委員ほか

研究業績

著書・論文

『保育・教育相談支援』(共著・建帛社)、『社会的養護の理念と実践』(共著・株式会社みらい)ほか

論文としては、『幼稚園における保護者の相談ニーズに関する研究‐子育て相談の利用を阻害する要因・促進する要因‐』(2019)、『保育士の保育相談支援に関する質的研究‐相談支援における困難性と専門性の深化のプロセス‐』(2016)ほか