前田 泰弘

プロフィール

前田 泰弘
氏名
前田 泰弘
ふりがな
まえだ やすひろ
職位
教授
専門・研究分野
特別支援教育、臨床発達心理学
担当授業科目
こどもと自然、幼児理解の理論と方法、発達支援論など

学生へのメッセージ

 子どもを育てるということは、自分が重ねてきた体験・経験や考え方、態度などを伝えることでもあります。つまり、保育者や保護者としての私たち大人の心身の豊かさが子どもの育ちの基盤になります。学生の皆さんには、信州の豊かな自然の中で、そしてフィンランドでの海外プログラムなども生かしながら、いろいろな体験・経験をして心身ともに豊かな方になっていただきたいと考えています。私も皆さんと同じ体験・経験をしながら、子どもの豊かな育ちについて一緒に語らえることを今から楽しみにしています。

経歴

学歴

東北大学大学院教育学研究科教育心理学専攻(博士課程後期)修了。博士(教育学)。

職歴

東北福祉大学総合福祉学部助教授、同子ども科学部准教授、ラハティ応用科学大学(フィンランド)客員研究員、和洋女子大学人文学群教授など。

社会活動歴等

仙台市保育専門技術向上支援事業スーパーバイザー、日本臨床発達心理士会東京支部役員など。

委員歴等

市川市子ども・子育て会議委員、市川市教育振興審議会委員など。

研究業績

著書・論文

著書として、『親から頼りにされる保育者の子育ち支援』(共著、黎明書房2012年)、『実践に生かす障害児保育』(編著・萌文書林2016年)ほか多数。論文として、『身体感覚の改善を基盤とした発達が気になる幼児の育ちの支援』(2009年)、『幼稚園教諭が感じる気になる幼児の行動-「かかわりの育ち」の視点から-』(2015年)ほか多数。