木山 徹哉

プロフィール

木山 徹哉
氏名
木山 徹哉
ふりがな
きやま てつや
職位
教授
専門・研究分野
比較教育学、教育史(中国近現代)、子ども学
担当授業科目
教職論、教育原論など

学生へのメッセージ

 私たち教員が提供する資源(知識や技能、あるいは経験や体験など)を受けとめ、それに対して思う存分の反応(疑問を提示し、意見を述べ、欲求することなど)することを期待しています。「健康」や「発達」という視野から人間や社会を追究し、そこから得られた専門的知識や技能をもって自らの生を豊かにするとともに、地域社会や国際社会、並びに次世代の子どもたちとの「つながり」を創造していきましょう。

経歴

学歴

横浜国立大学教育学部卒業、筑波大学大学院教育学研究科博士課程単位取得後退学。

職歴

岡崎女子短期大学幼児教育科専任講師、同科助教授、九州女子短期大学初等教育科教授、同短期大学部長、九州女子大学教授を経て、現職。

社会活動歴等

教育委員会外部評価委員長(福岡県京都郡苅田町及びみやこ町)など。

委員歴等

全国私立大学教職課程研究連絡協議会(現一般社団法人全国私立大学教職課程協会)九州地区理事など。

研究業績

著書・論文

『「改革・開放」下中国教育の動態』(共著、東信堂、2005年)、『教育原論-保育・教育を考える6つの視点』(共編著、ミネルヴァ書房、2016年)ほか。論文としては、「法改正後の中国義務教育-教師に関する事項を中心に-」(2011年)ほか。