川島 由起子

プロフィール

川島 由起子
氏名
川島 由起子
ふりがな
かわしま ゆきこ
職位
教授
専門・研究分野
栄養食事指導、栄養管理、チーム医療
担当授業科目
臨床栄養管理学、臨床栄養管理学実習、臨地実習(病院)など

学生へのメッセージ

 現在、長野県は全国1位の健康長寿県ですが、その昔は脳卒中の死亡率全国1位の県でした。この変化は県民減塩キャンペーンが進められ、食生活が変化したことにあります。管理栄養士は、身体の変化や病態から料理や食生活、食事療法まで幅広い知識と技術を持って対応することができます。ここ長野県で人々の健康を支えられる管理栄養士を目指してみませんか。

経歴

学歴

女子栄養大学栄養学部栄養学科卒業、同大学大学院栄養学専攻 博士(栄養学)(論文博士)取得。

職歴

聖マリアンナ医科大学病院栄養部、同大学横浜市西部病院栄養部、女子栄養大学専任講師、助教授、聖マリアンナ医科大学病院栄養部、同大学横浜市西部病院栄養部(兼務)、川崎市立多摩病院栄養部(兼務)部長、参与を経て、現職。

社会活動歴等

日本臨床栄養学会、日本栄養改善学会、更年期と加齢のヘルスケア学会理事など。

委員歴等

独立行政法人国立健康・栄養研究所外部評価委員会委員、内閣府消費者委員会専門委員(新開発食品評価第一調査会委員)、管理栄養士国家試験委員など。

研究業績

著書・論文

『健康・栄養科学シリーズ臨床栄養学改訂第2版)』(共著、南江堂、2014年)、『栄養管理プロセス』(共著、第一出版、2018年)、論文として、『当院における管理栄養士による栄養管理業務の現状と今後の課題~入院栄養窓口開設による変化~』(共同、2015年)ほか。