加藤 貴之

プロフィール

加藤 貴之
氏名
加藤 貴之
ふりがな
かとう たかゆき
職位
准教授
専門・研究分野
コミュニケーション学(レトリック批評、議論分析)
担当授業科目
Foundations of English、Comprehensive English、Career Englishなど

学生へのメッセージ

 英語学習は、必要なルールを覚えたり、お手本を真似したりすることがたくさんありますが、結局のところ、自分らしいコミュニケーションのスタイルを作り上げることにつながるはずです。資格試験は通過点。コミュニケーションを通じてどれだけ人生の可能性を広げられるか。長野から世界へ、様々な出会いを求めるなかで、色々な自分を発見しましょう。

経歴

学歴

立教大学法学部国際・比較法学科卒業、米国ノーザンアイオワ大学大学院コミュニケーション学研究科コミュニケーション学専攻(修士課程)修了。明治大学大学院情報コミュニケーション研究科情報コミュニケーション学専攻(博士後期課程)単位取得。

職歴

清和大学法学部法律学科専任講師、同学科准教授を経て、現職。法政大学大学院デザイン工学研究科 兼任講師(平成20年度から現在)。

社会活動歴等

日本ディベート協会 (JDA) 理事 (平成17年度から現在)、日本メディア英語学会(JAMES)(旧:日本時事英語学会)理事(平成18年度-平成19年度)、英語研究発表大会君津・市原地区大会(高校生英語スピーチ大会)審査委員長 (平成24年度-平成29年度)、地域マネジメント学会(ARMJ) 理事 (平成26年度から現在)。

研究業績

著書・論文

『Scrutinizing Argumentation in Practice』(寄稿、共著、John Benjamins Publishing、2015年)。「長野県飯田市の条例における地域環境権の実用主義的な意義 -地域条例のコミュニケーション学的見地からの考察-」(地域マネジメント学会創立10周年記念論文集、2015年)、「How to Use a Self-Regulated Learning Model in English Classes at Japanese Universities」(KOTESOL Proceedings、実践報告、共著、2017年)ほか。