教養教育

様々なプログラムを通して大学で必要となる基礎能力、母語発信力や英語力、思考・判断力、表現力、アカデミックスキルズなどを養成し、専門教育へ移行するための基礎、一般教養や課題解決型の学びを磨きます。それは生涯を通じて学び続ける姿勢の養成にも通じます。

基盤科目 総合教育科目(主な必修科目)について

英語教育

レベル別のクラスで実践的な英語力を培う

読む、聞く、話す、書く4 技能融合型の「英語集中プログラム」では、1年次に週4回の授業を集中的に行い、英語運用能力と英語コミュニケーション能力をバランスよく養成し、実践的な力、聴いて内容の主要な点を理解できる英語力を身につけます。

英語集中プログラム [ English Program for Global Mobility ]

1学期 2学期 3学期 4学期

1年

Foundations of
English I

Foundations of
English II

Comprehensive
English I

Comprehensive
English II

Basic English
Communication I

Basic English
Communication II

Academic English
Communication I

Academic English
Communication II

2年

Comprehensive
English III

(海外プログラム)

Career English I

Career English II

Academic English
Communication III

Academic English
for Global Mobility I

Academic English
for Global Mobility II

坂 淳一 教授
坂 淳一 教授

確かな英語力を養う英語集中プログラム。豊かなコミュニケーションのために。

長野県立大学には「英語集中プログラム」(English Programfor Global Mobility)という英語力を集中的に磨く科目群があります。日本人教員担当の accuracy (英語を正確に運用する力)養成科目群(週2回実施)と、英語を母語とする教員担当の fluency (ためらわずに英語を話す力)養成科目群(週2回実施)によって、確かな英語力を養います。

グローバルマネジメント学科 2年 数井 裕樹さん

バイリンガルの先生方に分からないところも質問でき、先生の留学体験のお話も伺えます。会話の実践を通し、プレゼンテーション能力も養えます。

グローバルマネジメント学科 2年 大澤 史奈さん

授業ではとにかく英語でずっと話しています。ディスカッションやプレゼンテーションを通じて、世界を知り、論理的な思考を養うことができます。

富田 裕子 教授
富田 裕子 教授

聞く力を高め、理解し、自分の言葉で話せるように。

私の授業ではウォーミングアップ・エクササイズにTOEICのリスニング練習をしています。入学の際のTOEICでは400点くらいの学生が1~2学期のうちに150点から200点も得点を伸ばし、中には300点以上伸ばした学生もいます。相手の言っていることをまず聞くことから始め、言っていることを理解できるようになってから、徐々に自分の意見を英語で述べる練習をします。こうして英語を武器として、物怖じすることなく国際舞台で将来、活躍できるような視野をもった学生を養成したいと考えています。

こども学科 1年 五味 大河さん

ペアやグループでの活動が多く、協力して課題に取組みます。発音や表現力をネイティブの先生から直に学ぶ ことができます。

リシャール ジャン ピエール ジョセフ 講師
リシャール ジャン ピエール ジョセフ 講師

英語の修得にはたくさんの語彙力や文法の他に、積極性や根気、意欲など多くのことが必要です。第二言 語を学ぶのは難しいことですが、世界中で多くの人が習得しています。「正確さと流暢さ」両方の学びが、学 生を少しずつ、一歩ずつ大きな知識と能力へと動かしていきます。


発信力ゼミ

コミュニケーションやプレゼン能力を養う

学生一人ひとりの個性や資質に合った親身な教育は、教育の理想です。本学では、全学科1年次に必修の「発信力ゼミ」を1クラス16人程度の少人数で授業を行います。

馬場 智一准教授
馬場 智一准教授

新しい学び方を体験し、確かなアカデミックスキルズを育む

高校までの知識吸収型の学びと異なり、大学では自分から問いを探し、情報・知識を収集、それを文章や発表を通じてアウトプットし、さらに議論・検討することが求められます。その助走として学部学科を越え、少人数で新しいスキルを身につけていくのが「発信力ゼミ」です。

グローバルマネジメント学科 2年 荻原 まい香さん

自分たちが主体となって様々なテーマについて考え、それを発信する力をつける授業で、積極的に思いを伝 える大切さ、楽しさを知りました。

グローバルマネジメント学科 1年 篠原 舞さん

少人数なので意見の交換がしやすく、ディスカッションに最適な環境。いろいろな価値観やアイディアを聞くこ とができ、広い視野で物事を捉えられます。

山本直樹 准教授
山本直樹 准教授

演劇表現を使い、多様性に満ちた表現教育を行います。

私のゼミでは「演劇表現」の声と身体を使った表現教育を行っています。様々な状況を設定してコミュニケーションを図るすべを模索します。劇づくりを通して、個、そして集団での表現力を磨いていきます。

グローバルマネジメント学科 小倉 翔太さん

相手を理解すること、そして 自分をわかってもらうために表現力を高めたい。

発信力ゼミを受講して、今まで自分が人とのコミュニケーションをおざなりにしてきたことに気づきました。将来は日本だけでなく海外でも活躍でき、人との絆を大切にする人になれるよう、自己表現力を磨きたいと思っています。

こども学科 榎田 美波さん

大学は自分が本当に学びたいことを学べる場所。 ここで大きな夢を育みたい。

多様性を認めることは意外と簡単。そして楽しいことだと知りました。人それぞれにいろいろな考え方があるから、学んでいて楽しい。将来の夢に近づくためにも、個性を認め、様々な人とコミュニケーションができる力を磨きたいです。


金 賢仙 准教授
金 賢仙 准教授

企業や金融にまつわる法律を学びながら、積極的に考え、発言する力を養っていきます。

専門が会社法、金融商法取引法なので、それにまつわる入門的知識をもとに、大学での学び方を身につけていきます。大学で与えられる自由を体感しながら、4年間という貴重な時間を大切にすごしましょう。
突きつめていくことで、世の中の見方、視界が大きく変わります。

グローバルマネジメント学科 佐藤 仁哉さん

受け身ではいけない。自分の興味に従い、追い求めること。

発信力ゼミを受講しながら、伝えることの重要性を感じています。これは、社会に出てからも、どんな職種でも大切になる力だと思います。理解するだけでなく、考えて、自分から発信すること。そのための深く「考える頭」を作ること。そして、正確に相手に伝わるような情報発信の技術を学ぶこと。このような大学での学びは、学生と先生のコミュニケーションの中で作られていくものだと気づきました。

グローバルマネジメント学科 高野 真由さん

将来の夢に向かって、ひとつずつできることを積みあげる。

35才で結婚式場の会社を立ち上げ、地方創生にもつなげたいという夢をもちました。そのためにも会社の法律を学びながら、自分自身が初めての方にも信頼してもらえる「人間力」を磨きたいと思いました。発信力ゼミでは「自分で会社を作る」をテーマに、自分が思う、お客さまに信頼される会社をプレゼンしました。その計画を、みんなの投票で評価してもらいます。大きく一歩、自分の夢に近づく授業です。


二本松 泰子 准教授
二本松 泰子 准教授

歴史・文化のまち、長野県の地域特性を学び、将来的な地域貢献やビジネスにつなげます。

松本城や上田城をはじめ日本有数の城郭が遺る長野県は城を中心に豊かな城下町文化が多く栄えました。こうした地域文化を深く学ぶことで、それを将来のビジネスや地域貢献活動につなげていけるよう、学生たちには確かな調査と考察を通した発信を望んでいます。

グローバルマネジメント学科 桐山 陽さん

発信力を磨き、ボランティアにも参加し自分の幅を広げたい。

大人数を前にいきなり発表をするより、少人数から始め、身近な人に自分の意見を伝えることに慣れるのが大事だと思いました。二本松ゼミでは、日本にある城下町のなかで、自分のもっとも好きな城下町を選び、プレゼンテーションします。あらゆる候補を考え、調べ、自分の意見をまとめ、発表する。こうした発信力はきっと将来、大勢の前で堂々と自身の意見を発言できる大きな力になると思います。

こども学科 松原 愛唯さん
こども学科1年 松原 愛唯さん

地域を学ぶことで、こどもたちの未来をともに考えたい。

松本城の見える高校に通っていたので、城下町文化について学べる二本松ゼミを選択しました。発信力を学び、「みんなにわかりやすく伝わる伝え方」を身につけたいと考えました。将来は、地域とこどもたちの関わり合いを、自らつくりだせる保育者をめざしているので、こどもたちがワクワクして登園できるような園にするため、地域の良いところをたくさん活用した保育を行いたいと思っています。


尹 大栄 教授
尹 大栄 教授

グループ・ディスカッションを通じて新しいイノベーティブな意見を育んでいこう。

自分の意見を述べることで論理的思考力を磨きます。人の意見を聞き、ディスカッション能力を高めます。こうした基本をしっかり学び、地場産業などの大きな課題に対して、フィールドワークを行い、具体的研究の端緒として問題の発見、改善提案などを行っていきます。

グローバルマネジメント学科 山本 雄太郎さん

自分のやりたいことを、自分で決めて行える自由が魅力。

少人数制は、一人ひとりの意見が伝わりやすく、コミュニケーションをとりやすい距離感で授業が行われ、人の意見を聞くことで、新しい発見があります。また、自分について知ってもらったり、自分の意見を正しく伝えることの難しさも感じます。今後も、発信力ゼミを通して、自分の思いを正確に伝える力、話し合いの中で、どんどん新しい選択肢を見つけ、より良い方向へ議論を進められる力を磨きたいです。

グローバルマネジメント学科 宮尾 楓香さん

積極的に授業に取組むことで、授業が活性化する醍醐味。

長野県が大好きなので、将来は地方創生、地域の活性化を実現できる仕事に就きたいと思っています。また動物愛護ボランティアで動物の殺処分を減らすお手伝いをしたいとも考えています。そのためにも、自分で考えて解決策を見つけるスキルが必要だと思い、またもっている知識を社会に応用していく能力を身につけたいと思います。たくさんのことを見聞きし、考え、発信し、視野を広げていきたいです。


象山学

新たな課題に挑むイノベーターを招き学生のチャレンジする力を育成。

起業家や経営者、行政関係者など多様なゲストスピーカーをお迎えしての講義です。ゲストスピーカーには、具体的取組みやその背景にある志などを語っていただきます。学生には、この講義を自らの将来像や生き方を考え始めるきっかけとしてもらいたいと考えています。また、「答えのない現実の問題」と格闘しているゲストスピーカーの話を聴くことで、自ら仮説を立て、現場で実践しながら、課題解決を進めていく力を身につける必要性を感じてもらうのもこの講義のねらいです。

※健康発達学部は選択科目です。

首藤 聡一朗 准教授
首藤 聡一朗 准教授

将来像をしっかりともてば、今何をしなければいけないかが見えてくる。

江戸末期、いち早く洋学を学び、社会改革に取組んだ佐久間象山にちなみ命名された授業。起業家や経営者、行政関係者など社会をより良い方向に変えようとしているイノベーターを迎え、具体的な取組みや志などを語っていただきます。必ずしも答えがあるわけでは ない現実の問題に挑戦している方々の姿は、学生が自らの生き方を考え始めるきっかけとなってくれるはずです。


その他の総合教育科目

科目区分 1年次 2年次 3年次 4年次
基盤科目 情報 情報リテラシー

人文系科目
社会系科目
自然・情報系科目
基盤科目

心理学 教育学 歴史(近現代) 音楽 憲法 数学的発想 IT活用論 象山学 シーズンスポーツ
哲学 言語学 民俗文化論 国際関係論 経済学入門 生命科学 デザイン思考 信州学 グローバル教養ゼミ
倫理学 文学 文化人類学 社会学 社会保障入門 プログラミング基礎 世界の文化と社会 健康と運動科学 など