こども学科

こどもが育つ環境をトータルに考え、生涯にわたってより良い保育を創造できる保育者に育つ土台となる力を育てます。そのために、乳幼児期にふさわしい生活と保育のあり方、自然や文化などの地域環境、特別な配慮を必要とするこどもへの支援、それを実現する保育経営などについて保育を専門とする15名の教員と学びます。

学科長からのメッセージ

社会の変化に応じて、変わりつつある保育をチームで学ぼう。

こども学科長 太田 光洋 教授

自分たちで考え、主体的に動くことを大切にしたいと思います。こどもに向き合うのにふさわしい環境づくりから学生たちといっしょに始めています。転換期にある保育や子育ては、新しく学ぶことや身につけることが数多くあります。周囲の人々をも巻き込める「包容力のある集団」を形成し、チームとして主体的に考え、自分たちで創造していく学びをサポートしていきます。

こども学科 2年 小川 栞さん

自分のもっとも関心のあることに集中できる大学の楽しさ。

今思えば、高校時代は選択肢が少なく、息苦しかったように感じます。県立大へ来て自分の関 心あるものが多く、様々なことに興味が湧きます。働く女性の力になりたいと幼児教育を選び、現在は児童福祉への関心が高まり、特に将来は乳児院で働きたいと考えています。フィールドワークでは、こども園や保育園での実習を体験しましたが、やはり私は子どもと大人の愛着関係がもっとも必要な乳児院を希望します。責任は重いですが、信頼できる大人と人間関係を結ぶことで、子どもの育ちの基礎を育むことができるからです。

こども学科 1年 井村 宇志さん

保育を専門とする先生の多さ。学ぶのに最適な環境が魅力です。

こども学科では保育の歴史から保育の目的・定義、人間の発達段階などの保育者となる上で必要な基礎知識の習得、また座学だけでなく、けん玉やコマといった伝統的な玩具を使ってグループごとに発表を行い、子どもへの理解を深めています。 私は、中学・高校の保育実習で、子どもたちと関わる場を経験して、まだ数の少ない男性保育者への夢を抱きました。アットホームで自由な雰囲気と恵まれた学びの環境の中で今、一歩ずつその夢に近づきつつあることを実感しています。

4年間の学びとめざす進路

1年次 2・3年次 4年次

必修科目や専門基礎科目を中心に履修し、基礎力を養います。
●英語
●発信力ゼミ
●健康発達概論 ●健康発達実習
●保育原理
●保育者論
●教育原理
●発達心理学
●保育内容(言葉)
●自然保育論
●地域子育て支援論
など

海外プログラムで、グローバルな視野を身につけます。(2年次)
●海外プログラム

基幹科目を中心に履修し、専門分野の基礎力・応用力を養成します。
●こども学
●発達支援論
●自然保育演習 ●保育臨床特殊講義Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
●こども学ゼミⅠ・Ⅱ
など

多様な実習により、実践力を養成します。
教育実習Ⅰ
●教育実習Ⅰ事前事後指導
●保育所実習Ⅰ・Ⅱ
●保育所実習Ⅰ・Ⅱ事前事後指導
●施設実習Ⅰ・Ⅱ●施設実習Ⅰ・Ⅱ事前事後指導

4年間の学びの
総まとめを行います。

●小児保健実習
●保育の観察法と統計解析法
●保育経営論
●発達支援演習
●保育者支援論
●教育実習Ⅱ
●保育・教職実践演習
●卒業研究
など

■卒業後の主な進路(想定)

  • 保育所、幼稚園、認定こども園
  • 児童福祉施設等
  • 教育関連企業
  • 地域子育て支援拠点施設
  • 行政機関、NPO法人
    など

カリキュラム

1.こども学科の特色ある科目

1年次2年次3年次4年次
自然・地域・国際

・英語
・自然保育論

・英語
・海外プログラム
・自然保育演習

支援 ・地域子育て支援論 ・地域子育て支援演習
・保育臨床相談

・発達支援論
・保育課程論

・発達支援演習
・保育者支援論

現代的課題 ・こども学 ・保育経営論
・保育臨床特殊講義
少人数ゼミ ・発信力ゼミ ・こども学ゼミⅠ ・こども学ゼミⅡ ・卒業研究
実践科目(実習) ・健康発達実習 ・教育実習(幼稚園) ・保育所・施設実習 ・保育・教職実践演習

  • 学生たちは学びの場を求め、長野初の認定こども園「さつきこども園」へも。実践的な保育を深めます。
  • キャンパス内にも地域の親子がいっしょに遊べるスペースを確保。教室に隣接するウッドデッキは床暖房完備。
    学生たちがこどもたちと遊んでいる間、親御さんはイスとテーブルでくつろぐこともできます。

2.履修モデル

専門教育科目

科目区分1年次2年次3年次4年次
基礎科目

学部共通
基礎科目
・健康発達概論
・健康発達実習

・長野県健康社会史

こども学科
基礎科目

・保育原理
・教育原理
・発達心理学
・こどもと音楽
・こどもと運動
・保育者論
・こどもの文化
・こどもと自然
・児童家庭福祉
・社会福祉概論

・こども学
・こどもと造形
・小児保健Ⅰ
・海外プログラム
・社会的養護

・教育心理学
・こどもの食と栄養

基幹科目

・保育内容(言葉)
・自然保育論
・音楽表現演習
・地域子育て支援論

・保育内容(健康)(環境)(表現)
・保育の指導法
・保育内容総論
・幼児理解の理論と方法
・保育臨床相談
・器楽基礎
・ドラマ表現演習
・乳児保育
・身体表現演習

・発達支援論
・保育課程論
・保育内容(人間関係)
・教育の方法と技術
・社会的養護内容
・小児保健Ⅱ
・造形表現演習
・相談援助
・教育史
・器楽応用Ⅰ・Ⅱ

・小児保健実習
・保育の観察法と統計解析法

展開科目

・自然保育演習
・地域子育て支援演習
・保育臨床特殊講義Ⅰ

・保育臨床特殊講義Ⅱ・Ⅲ

・保育経営論
・発達支援演習
・保育臨床特殊講義Ⅳ
・保育者支援論

実践科目

・教育実習Ⅰ
・教育実習Ⅰ事前事後指導

・保育所実習Ⅰ・Ⅱ
・保育所実習Ⅰ・Ⅱ事前事後指導
・施設実習Ⅰ・Ⅱ
・施設実習Ⅰ・Ⅱ事前事後指導

・教育実習Ⅱ
・教育実習Ⅱ事前事後指導
・保育・教職実践演習

総合研究科目 ゼミナール ・こども学ゼミⅠ ・こども学ゼミⅡ
卒業研究 ・卒業研究

科目紹介

こどもの文化

子どもの言葉を育むカルタやすごろくなどの伝承遊びや児童文化財の種類とその活用について概観します。遊びとしての機能を考え、子どもの話すカ、聴く力 、表現する力がどう育つかを学びます。

こどもと造形

子どもの造形活動の発達や展開、保育者としてどのように子どもの造形活動を支えていくのかを学ぴます。特に本科目では、多様な用具・材料・技法に触れることで、知能を技能へと深化 させることをめざします。

保育の指導法

幼稚園教育要領に基づき、「環境を通しての教育」「遊びを通しての総合的な指導」の方法的特質についてを理解します。実践事例記録や保育指導案などから指尊法の実際や指導のあり方について考え、基本的な指導計画を作成できる力を身につけます。

器楽基礎

保育現場における音楽活動に必要なピアノ演奏の基礎的技術を習得し、自由曲や弾き歌いのレパートリーを広げます。ソルフェージュ課題により、リズム感、音程感を身につけ、読譜力の向上をめざします。

親子のひろば

保育士をめざす学生たちが設立したサークル「ぐるんぱ」が地域の親子の居場所づくりに取組む活動として、構内のプレイルームで「親子のひろば」を企画・運営しています。授業から一歩踏み出してやってみる、そんな主体的な学びをサポートしています。

取得可能な免許・資格

  • 保育士
  • 幼稚園教諭1種免許

3つのポリシー